ミナミの帝王が家にやってきた

問題1.ミナミの帝王の対処法は?

人生は問題集みたいなものです。簡単な問題から難問まで色々。私が人生ではじめて結婚式をあげて、その後はじめて破産宣告を迎えたあの時期も本当に悪夢のような時期でした。忘年会とか出席すると必ずクイズがあって、陽気で気の抜けた効果音がピコンと鳴りますが、リアルな人生ではあのように心を和ませる効果音も突然救済を与えてくれる中国美女のウーさんも現れません。現れるのはカイジの利根川みたいな人物で金は命より重い・!とか言い出してしまうんですよね、近くにいる人が。臆面もなく・・・!映画やアニメはフィクションだと思ってたんです。しかし本当に南港行き。人は窮地に陥ると必死になります。とにかく助かる方法を探していろいろと電話をかけたりいろんな人と話してどうすればいいんだとリサーチをします。その中でなんと助かる方法を見つけたのです。しかしその方法自体が大切なのではなくて、今思い出すことは必死になるためのトリガーがあったところだなと感じます。それがある意味ミナミの帝王の対処法かなと思うのです。しかし問題はトリガーは自分で意図的に発しようするとなかなかうまく行きません。トリガーは与えられるものですから、結局のところそこに到るまでの忍耐力が大事なんでしょうね。待つ力みたいな。そうすると、ところがどっこい、という風に逆転をしていけるんでしょうね。また個人だけではなく商売繁盛だったけど突然従業員をやめさせて、破産してしまう企業もたくさんありますが、こういった法人の場合でも当てはまります。個人も法人も詰まるところは同じなので。対処をしっかりすることで人生を再生させて、また再びミリオネアとして返り咲く希望を持つことが大切です。本当に希望がなくなってしまう状況に追い込まれるカイジのような人もいます。弁護士でも司法書士でも良いですがしっかりと誰かに相談をして今の現状をなんとか回復していけるように戦略と計画をもって挑んでいきたいものです。