クイズ弁護士カイジ | 商売繁盛から突然破産でshow by ショーバイ

クイズ弁護士カイジまたは、ミナミの帝王。借金映画はヤクザがつきもの。商売トラブルでもう、show by ショーバイ!

月別: 10月 2016

個人再生で失敗しない方法

失敗しない

個人再生とは?

個人再生は返済能力がある事が前提の裁判所が絡む債務整理です。

自力で返せなくなった負債を持っていても減額する事で返す能力があるとされれば裁判所へ手続きをしてある程度減額する事で差し押さえの様な今の住まい等の状況に被害が及ぶ事がなく返す事が出来るとされた残りを返す事になります。
よって返済出来るとされたのに失敗したと言う事は理屈としてはあり得無いが実際はあるのが特徴です。

個人再生で失敗しない為には取りかかる以前にこの方法が自分に合っているのか?は確実に理解していないと失敗に陥る可能性が高くなります。

やるとしても費用は人それぞれなので自分の場合の費用や減額する借金は幾らあるかとか借金残高を把握していて自力でそれを返す事が出来るかなどシミュレーションする事が管理能力を高め失敗しづらくします。

再生計画は理にかなっていること!

理にかなった再生計画を立てていればスムーズに返済を行う方法ですがただそう言った手続きが無理な場合弁護士に全て任せる方法があります。
が、返済能力等を理解した上でちゃんとしている弁護士に依頼しないと変なのにあたると無謀な個人再生の計画で申し立てしてしまう事があるので失敗のリスクが上がります。

只弁護士は本人の代わりに裁判所と渡り合ってくれるので基本的にまともな弁護士であればちゃんとした事をしてくれるのでお金が高いのが欠点ながら相談するだけでもメリットがあります。

例えばやろうとしている方法は正しいかどうか等の個人再生を失敗しないために有益なアドバイスをしてくれます。

ある程度解っているなら司法書士と組んで手順を踏むと弁護士よりリーズナブルで自分を把握しているなら失敗しづらい手段です。
その場合は自分で交渉するので色々理解していないと失敗する恐れがあります。

全て自力でやる事も出来るのが個人再生の特徴ですが知らなすぎると墓穴を掘ってしなくていいはずの債務整理を繰り返し負債の減額が台無しになり己の首を絞める事になります。

破産の申立の基本を教えます

基本

破産とは?

破産とは、借金などの債務に対して返済が出来なくなったり、企業などがその活動に於いて債務をりこうできなくなってしまった場合などに適用されるものですが、その適用については裁判所の判断が必要です。その適用を申請する事を破産の申立と言いますが、この破産の申立は誰でも出来るというものでは無いので注意が必要です。

法律上は破産申立は債権者や債務者、準債務者と呼ばれる会社の取締役などが行うことができます。一般的には債務者である個人や企業が申立を行うことが多いものですが、ごくまれに債権者である取引先などが申立を行うことも有ります。
個人が行う自己破産の場合には本人が債務状況、返済額などを申請した上で弁護士が申立書類を作成し裁判所に申立を行い、その後裁判所による聞き取り等が行われた上で判断されますが、法人の場合にはさらに複雑な手続きが必要になります。

破産申し立てとは?

法人に於ける破産申し立てに於いては、債権者の一覧表のほかに、その会社の事業状況や資産状況、および契約状況などが記載されることが筆酔いになります。又、これらの内容を証明する書類や資料をしめすことも必要になります。この内容については裁判所に於いて調査されることも有るので、厳密に記載することが必要になります。万が一虚偽の申告があったと認められる場合には、たとえ一度破産宣告が決定した後であっても、取り消されてしまうことが有ります。その際には差し押さえられた資産は戻らずに債務が残ってしまうことになるので注意が必要です。

また、法人の場合に於いては破産申告をしてしまうとすべての資産が凍結されてしまうことになるため、債権者に対する支払いや従業員に対する対応については事前にしっかりと行っておくことも重要です。さらに、法人資産と言われる出資者の資産の確保や、財産の散逸防止のための措置などを講じておく必要があります。但し、一部の債権者や経営者親族などに特別な対応をすることは申立前であっても禁止されているので注意が必要です。

借金苦脱出の小技を教えます

脱出

借金苦とは?

生活が苦しい状況になると、お金のやりくりに困り、借金をしてしまうことがあります。自分も、仕事を一時期辞めていた時には、収入が途絶え、貯金に頼る生活をしていましたが、その貯金が尽きてしまい、借金をしてしまった経験があります。借金をした場合には、一時的に生活をしのぐことにはなりますが、根本的な解決になりません。

クレジットカードでお金をいくらか借りましたが、それほど大きな額ではないにしろ、借金は借金です。お金を借りているという状況は精神的にもあまり落ち着かない日々を過ごすことになったのを今でも覚えています。

借金苦からの解放

それからしばらくして、職が見つかり、働くようになったので、毎月小額ですが借金を返済し始めました。職が見つかったとはいえ、しばらくの間は生活にも余裕ができず、そのため一気には返済できなかったため、利息などもついてかなり返済には時間がかかりました。できれば、一気に返したかったのですが、収入もそれほど多くなく、貯金などが底をついていたために、生活をするためにはやりくりがなかなか難しい状況でしたので、まとめて返済は厳しい状況でした。

ですが、毎月きちんと返済していたため、借金の額は確実に減っていき、最終的には返済も無事に終わりました。
借金をしてしまうと、その状況が苦しくなかなかその状況から抜け出せないという方もいるでしょう。生活が楽にならず、またさらにお金を借りてしまい、返済額が多くなっていくと、どんどん自分を窮地に追い込んでいく結果になります。そのような状況を抜け出すためには、基本的に、毎月きちんと返済をしていくことが大切です。

毎月優先的に返済をすることで、確実に額を減らしていくように、心がけることが重要です。いい加減にしていると、ちょっと今月は苦しいからまた借りればいいやと自分に甘い気持ちがでてしまうと、いつまでたっても返済が終わりません。なんとかその状況から抜け出すためには、毎月しっかりと返済をしていくことが大切です。

金銭感覚が私ってゆるすぎ?

クレジットカード

クレジットカードでの支払い

生活をする上で、さまざまな支払いなどがあります。現金でしっかりと支払いをする方もいるでしょう。また、クレジットカードで払える場合には、カードによってはポイントなどの特典があるため、クレジットで支払いをする方もいます。

また、収入などが少ない家庭の場合には、クレジットカードでリボ払いをする方もいるでしょう。リボ払いにすることで、月々の支払いを一括で払う必要がなく、分割して少ない額で支払いをすることができます。そのため、一見便利にもみえるクレジットカードのリボ払いですが、その機能に頼りすぎてしまうのは、あまりよくありません。分割して支払うことで、利息も払う必要があり、通常に商品を購入した金額よりも最終的には多く支払う必要がでてきてしまうためです。

リボ払いは要注意!

もちろん、生活をしていると、冠婚葬祭やその他にも、リストラや収入減、身内で重い病気にかかった人がでて、入院や治療費で多額の出費など、さまざまなお金に関するトラブルなども起きることがあります。そのため、生活費などのやりくりが難しいという時期に関して、一時的にリボ払いをするという点においては、ある程度仕方ない部分もあります。ですが、リボ払いが便利だからと、常に、リボ払いで商品を購入し続けていると、収入よりも支出のほうが上回ってきてしまったり、生活費などが足りなくなる事態になりかねません。お金の管理はきちんとしておくことが重要です。

自分の収入をしっかりと考えて、生活費を圧迫しないように上手にやりくりをしていくことが大切です。

クレジットカードも、支払いをきちんとしていれば、危険ということはありませんが、金銭感覚がゆるい、また、通販などで商品をよく購入する方のなかには、収入などをしっかりと考えずに、自分がほしいものを手に入れるために、リボ払いをしてしまうことがあります。そのような方にとっては、クレジットカードを使用するのは危険ということもあるでしょう。

リボ払いって漫画以上に危険なの?

リボ払い

リボ払いとは?

リボ払いという名前は弁護士と同じくらいよく聞きますが、中には危険であるというイメージを持っている人も少なくないかもしれません。そこで、リボ払いという制度そのものは決して危険なものではありません。

もし、リボ払いそのものが危険であれば、法律で規制されているはずです。ただし、仕組みをよく知らないまま、必要以上に利用してしまい、返済ができなくなって金利負担を増やしてしまう場合があるので、使い方によっては危険性が高くなるということです。そこで、まず、知っておきたい知識としては、リボ払いは分割払いとは違うということです。分割払いというのは、購入時に支払回数をあらかじめ決めておいて、代金をその回数に分けて支払いをしていくという方法のことです。一方、リボ払いに関しては、毎月の支払額をあらかじめ決めておく支払方法となります。要するに、いくら買い物をしたとしても、毎月の支払額は自分が決めた返済額で一定になるという仕組みです。

リボ払いの仕組み

ですから、例えば、ある弁護士が10万円の買い物をリボ払いにした場合、毎月の支払は1万円ということにしたら、1万円を10回に分けて支払っていくということになります。しかし、リボ払いの場合には金利負担というのがありますから、ただ単に10万円分の返済額を1万円ずつ10回返済すればよいというわけではありません。

また、高額利用するほど金利負担は高くなるので、長期化すればするほど返済額が増えるということになります。人によっては、いくら使っても、毎月の返済額が安いということで、安易に利用してしまい、返済が長期化し、手数料だけで大変な金額になる恐れがあります。最終的には、返済しきれない大きな借金が残ってしまうということになるので、利用に関しては注意が必要になってきます。このような状態にならないためにも、困った時だけ利用するようにして、余裕ができたら繰り上げて返済していくようにすれば、金利負担も少なくすることができるので、破産してしまうといった恐れはなくなるでしょう

その他トラブルならば、今すぐにクイズ弁護士カイジまでご連絡ください。

パチンコの問題点。なぜハマって借金してしまうのか

パチンコ転落

パチンコにはまる!

まったくギャンブルをしなかった方が、ちょっとパチンコ屋に立ち寄りして、大勝してしまったら、そこからパチンコ屋に通うようになってしまったなどという話はよく聞きます。

みんな最初からパチンコなどのギャンブルをしているわけではありませんが、なんらかのきっかけで一回、勝ちを覚えてしまうと、その時の楽しさが忘れられず、またその楽しみを味わいたいと通ってしまいます。そのため、負け続けてしまっても、次は勝つ、また、勝てるんじゃないかと希望を託し、仕事などで稼いだお金をつぎこんでしまいます。そのまま、深みにはまってしまうと、生活費にまで手を出してしまい、最終的には生活のためのやりくりのお金なども全部つぎ込んでしまう場合もあります。その後は借金生活をすることがお決まりパターンといえるでしょう。

借金とパチンコ

ですが、借金を抱えている状態でも、大勝すれば、なんとかなると考えてしまうのが、パチンコにハマっている人々の思考回路です。窮地に追いやられている状態から、パチンコで勝ってしまうと、年間トータルで収支がマイナスであっても、その瞬間助かった、もしくは勝ったという印象が強く本人の中に残ってしまい、自分の状況がきちんと把握できていないこともギャンブラーの思考といえるでしょう。
勝ったという楽しさや興奮を味わいたいために、パチンコをしてしまうと、だんだん、収支がマイナスしているということもあまり気にならなくなり、借金の額も膨らんでいきます。そうして最後にはどうすることもできないような状態に陥りかねません。そのため周囲にギャンブルをしている方、または身内にそのような方がいる場合には、できるだけそのような状況にならないように、説得をしてみるといいでしょう。深みにハマる前ならば、まだ、取り返しがつく場合もあります。依存症は本人だけの力では改善されないこともあります。周囲の友人や家族などが一丸となって、克服していくことも本人を救う道です。

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén