借金返済の裏技

借金まみれの日々

私は、たくさんの借金を所有していました。理由は、生活費に充てるためです。一時的に私は入院生活を繰り返しており、勤めていた会社もやめることになりました。保険も入っていませんでしたので、その時100万円の借金をしてしまいました。お金を借りた人がある人は分かるかもしれませんが、通常信頼がない状態で一つの会社から100万円以上も貸してはくれません。そこで私は、5社ほどから借金をし、何とか入院費用と生活費用を作り出しました。この時ほど、お金をためておけばよかったと思ったことはありません。

退院をしてからは、再び就職活動を行いますが、すぐに就職が決まらず、1カ月間ほど活動が続きました。継続して活動した甲斐もあり、何とか新しい会社を見つけ出しましたが、今までのように正社員として働くわけにはいかず収入も少なく厳しい状態でした。新しい会社の収入だとまともに借金を返済するめどが立ちません。借金地獄に陥る人は、ここで再び別の所から借り入れをしてしまうでしょう。私はその方法は採用せず、別の方法を考えようとしましたが、なかなか良い方法を思い浮かべることができません。借金返済をあきらめかけていたそのころ、過去に多額の借金をして、現在はすべて返済し終えた友人に会い、その友人から借金返済の裏技について聞きました。その友人が実際にとった方法は、借金を一つにまとめる方法です。この方法を聞き、私は目からうろこが落ちる感じを味わいました。

借金返済の裏技

現在の借金の状態だといつも会社に分散してしまっていますので、それぞれ利息を支払わなければなりません。ですが、借金も複数の会社から借りて100万円を超えた場合は、一つの会社にまとめた方が利息を少なく支払うだけで済むと友人は言いました。最初私も意味がわかりませんでしたが、借金に関する利息制限法を調べてみると、100万円未満の借り入れをした場合と、100万円以上のお金を借り入れした場合では、利息が5パーセントほど変わります。100万円未満の場合であれば最大で20パーセントの年利を設定することができますが、100万円を超えると15パーセントの年利が上限になります。私はそのとき100万円以上のお金を借りていましたので一つの会社からの借入であれば年利は15パーセントのはずです。ですが、5つの会社に分散させているために20パーセントの設定で年利がかかっていることになります。もし一つの会社にまとめることができれば、15パーセントの倫理に設定されるため、年間で5万円以上も安くすることを発見しました。

そこで私は友人と相談した時に、おまとめローンの話しを聞くことができました。複数のローンを一つにまとめることができ、結果的に年利を下げる方法です。実際に申し込みをしてみると、審査の期間が1週間ほどありましたが、何とか審査に通ることができ。結果的に、利息が下がったため、返済が容易になりました。”